プレスリリース

インベナジー・ジャパンとSBエナジーによる福島県と長野県でのメガソーラー発電所共同事業について

2017年4月19日SBエナジー株式会社

インベナジー・ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者:天野 明、以下「インベナジー・ジャパン」)と SBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「SBエナジー(エスビーエナジー)」)は、特別目的会社(SPC)「クイーンズ・ソーラー・エナジー合同会社」と「小海高原ソーラー・エナジー合同会社」による2件の大規模太陽光発電事業の開発、ファイナンス、建設および運営に関するパートナーシップを締結し、「クイーンズ太陽光発電所」と「小海高原太陽光発電所」の建設および運営を共同で実施します。
詳細に関しては下記PDFをご参照ください。

このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。

pdfがついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
ご覧いただけない方は「サイトポリシー」をご覧ください。