企業・自治体向け自然エネルギー調達支援事業

脱炭素社会の構築に向けた
企業・自治体の取組みをサポートします

2050年のカーボンニュートラル達成が国の目標として掲げられ、企業・自治体にとっても
事業活動における脱炭素化が経営課題の一つとなっています。
SBエナジーは、事業活動に用いる電力を太陽光などの
自然エネルギーで調達したい企業や自治体を対象に自然エネルギーの調達を支援します。

事業の概要

支援内容
自然エネルギーによる電力の導入を検討する企業・自治体の皆さまの、電力消費状況や事業の特性、自然エネルギーの調達目標などに応じた最適なプランを提案し、脱炭素経営の実現を支援します。
対象
脱炭素社会の実現に向けて事業活動に用いる電力を太陽光などの自然エネルギーで調達したい企業や自治体

課題に対する取り組み

Q 脱炭素に向けて具体的に動きたいが、何から始めればよいかわからない。
A 皆さまの状況に応じた最適なプランを提案し、RE100に対応※した自然エネルギー由来の電力調達を支援します。
Q 電力の自家消費のために太陽光発電設備を設置したいが、十分な土地や屋根の確保が難しく、設置方法が分からない。
A 自然エネルギーの導入を希望する企業や自治体に代わってSBエナジーが専用の太陽光発電設備を設置するため、導入企業・自治体の皆さま自ら用地の確保や発電設備の設置を行う必要はありません。
Q 初期費用や電源設備の運営維持のコストや手間を抑えて自然エネルギーを調達したい。
A SBエナジーが設置する専用の太陽光発電設備と高度な発電予測システムを組み合わせた自己託送型の電力供給を行うため、導入企業・自治体の皆さまが自ら発電設備の建設にかかる初期費用の負担や、設置後の維持管理を行う必要はありません。

※本事業で調達する自然エネルギーは電源特定が可能であるため、RE100の基準に適合しています。

提案の流れ

電力消費の現状や事業の特性、自然エネルギーの調達目標などに応じ、最適なプランを提案します。

1

お問い合わせ

2

お打ち合わせ

3

ご提案

4

契約締結

5

発電所開発

6

自然エネルギー
電力の利用開始

案件のご相談はこちらから