SBエナジーのプロジェクト・マネジメント

SBエナジーが中心となり企画から運営までトータルマネジメントします

SBエナジーでは自然エネルギーのなかでも早期に発電が開始できる太陽光発電に着目し、自然エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用したメガソーラー事業に取り組んでいます。

自らが事業者となり企画・建設から運転開始後の運営に至るまで、多くのステークホルダーの中心に立ち、ソフトバンクグループシナジーを活かしたトータルマネジメントを実施。安全に、円滑に、そして地域に根差した事業を行います。

また、メガソーラーの開発にあたっては、完成後20年に渡って安定的に事業を運営できるよう、確実性の高い設備形成を目指します。

SBエナジーの役割
自然エネルギーの
固定価格買取制度
(FIT:Feed-in Tariff)

太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスにより発電された電気を、電力会社が国の定めた固定価格で一定期間買取ることを義務付ける制度