開発推進中の
発電事業

自然エネルギーによる
安定的な
電力供給を目指して
独自ポートフォリオを形成

太陽光、風力などの変動電源だけでなく、
バイオマス、水力、地熱の自然エネルギー発電の最適な組み合わせにより、
需要の変化に柔軟に応えられるようになることを目指しています。

バイオマス発電事業

生物由来の未使用資源の有効活用でエネルギーを生み出します

バイオマス発電は、木くずや間伐材、廃油、メタン発酵ガスなど様々な資源を利用した安定エネルギー源です。未使用であった地域資源を有効活用することにより循環型社会の構築につながる取り組みを目指します。

  • 下水汚泥、
    家畜糞尿など

    メタン発酵ガス

  • 間伐材、
    主伐材

    間伐材等由来の
    木質バイオマス

  • 建築資材廃棄物、
    その他木材

    建築資材廃棄物

  • バーム椰子殻、
    もみ殻、稲わら

    一般木質
    バイオマス・
    農作物残さ

  • 剪定枝・木くず、
    紙、
    食品残さなど

    一般廃棄物・
    その他の
    バイオマス

図解で見るバイオマス発電のしくみ図解で見るバイオマス発電のしくみみるみるわかる Energy

地熱発電事業

火山大国、日本の豊富な地熱資源を活かします

日本は地熱資源量で世界第3位(2,300万kW)に位置しており、世界有数の地熱資源国です。地熱発電は地中深くから湧き出る蒸気や温泉の熱を利用して電気を作ります。SBエナジーは日本の豊富な地下資源を利用した次世代のベース電源として、地熱発電の開発を進めています。

図解で見る地熱発電のしくみ図解で見る地熱発電のしくみみるみるわかる Energy

水力発電事業

水の流れ~水量や落差を活かし、無駄なくエネルギーを作ります

日本の豊かな水資源を利用する水力発電は、河川そのままの水流や自然落差を生かし、高効率で安定した電力供給を可能にします。

図解で見る水力発電のしくみ図解で見る水力発電のしくみみるみるわかる Energy

海外事業

日本で培った技術をもとに世界規模で自然エネルギーの普及・拡大を推進

SBエナジーは、国内だけでなく、世界規模における自然エネルギーの普及・拡大も目指しています。SBエナジーでは、世界における自然エネルギー活用の最大化を目標に、手始めにモンゴルにおける自然エネルギーの開発に着手いたしました。南ゴビ砂漠において、風力発電を中心とした自然エネルギー開発の事業性評価を行い、世界最大規模の風力発電所建設にむけて事業を推進しております。SBエナジーは世界中の自然エネルギープロジェクトを加速させる一助となるよう、自然エネルギーの開発案件に積極的に取り組んでまいります。

アジアにおける自然エネルギー開発

SBエナジーとしては初の海外における発電事業として、世界最大級の石炭鉱山であるタバントルゴイと、世界最大級の金・銅鉱山であるオユトルゴイの中間地点付近に50MWの風力発電設備「Tsetsii Wind Farm」を建設し、2017年10月6日に運転を開始しました。

国外発電所一覧はこちら

発電所一覧

日本各地の運転開始済み・運転開始予定の
発電所の情報をご覧いただけます。

アセットマネジメント・サービス

太陽光発電事業の
「開発・運営」にかかわる
業務全般を
ワンストップでお引き受けします。

  • 安定的な
    事業体制で安心!
  • 全国どこでも
    対応可能!
  • 豊富なノウハウと
    実績!