メガソーラー発電事業

無限のエネルギーを太陽から

ソフトバンク長崎香焼ソーラーパーク
ソフトバンク長崎香焼ソーラーパーク

様々な自然エネルギーのなかで早期に建設が可能である太陽光発電所(ソーラーパーク)を全国規模で順次建設・運転を開始しています。

今後も各地にソーラーパークを建設し自然エネルギーの普及・拡大に努めます。

SBエナジーの役割

SBエナジーの役割

SBエナジーが中心となり企画から運営までトータルマネジメントします

SBエナジーでは自然エネルギーのなかでも建設から稼働までの期間が比較的短い太陽光発電に着目し、自然エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用したメガソーラー事業に取り組んでいます。

自らが事業者となり企画・建設から運転開始後の運営に至るまで、多くのステークホルダーの中心に立ち、ソフトバンクグループシナジーを活かしたトータルマネジメントを実施。安全に、円滑に、そして地域に根差した事業を行います。

自然エネルギーの
固定価格買取制度
(FIT:Feed-in Tariff)

太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスにより発電された電気を、電力会社が国の定めた固定価格で一定期間買取ることを義務付ける制度

開発の流れ

開発の流れ

メガソーラーの仕組み

メガソーラーの仕組み

1.太陽電池モジュール

太陽電池モジュールは主な構成要素であるシリコンなどの半導体に光があたると電子を放出します。これを「光電効果」と言い、モジュールはこの光電効果により電気を発生させます。"電池"ですが電気を蓄えることはできません。

2.PCS (パワーコンディショナ)

太陽電池モジュールから発生する電気は乾電池と同じ「直流」、しかし一般に用いられる電気は「交流」です。PCSは直流の電気を交流に変換する装置です。

3.連系変電設備

メガソーラーで作られた電気は電力会社の送配電線に接続します。これを「連系」といい、連系変電設備は接続する電力会社の配送電線の電圧に合うよう調節します。

太陽光発電試験場

以下より太陽光発電試験場についての情報がご覧いただけます。

太陽光発電試験場